引越しをした時にプロバイダを今までと異なる会社に変更しました

引越しをした際にプロバイダを今までと違う会社にしました。
変更しても、以前使っていたプロバイダとあまり違いを感じたり、使いにくかったりしないので、今のプロバイダにして良かったな、と思います。
プロバイダなどは2年ごとの更新の際に見直すといいのではないでしょうか。
wimaxのデータ通信ならば、速度の制限がないため仕事でPCを使っている方でも心配なく使用できると思われます。
パソコンで通信する際は、スマホなどのモバイル端末に比べると、ページ容量も大きくすぐ通信量が上がるので通信制限なしはありがたいです。
光回線を使用しているのならIP電話を使ってみるとリーズナブルで便利です。
光回線を使うので、一般の電話回線と同じように音声データを何度も交換機から中継する必要性はありません。
そのため、電話料金がとても安くなり、プロバイダにより、異なりますが、月額の基本料金が普通よりも安価になる場合が大部分です。
プロバイダの金銭的負担が減るといわれて、今のプロバイダにしたのですが、間違いだったと思っています。
確かに、金額はかなりお買い得でした。
しかし、しばしばネットにつながらなくなってしまったり、回線速度が低下してしまったりで、今のプロバイダはストレスが溜まるのです。
安易にプロバイダを変更するんじゃなかったと、後悔がやってきました。