クレジットカード審査落ちる理由

クレジットカードを利用したいと考えて利用申し込み書を送っても、審査に落とされてカードを発行してもらうことができない場合があります。
どのカード会社も審査基準を公表していませんので、正確なところはわかりませんが、審査に通らない理由を予想することは可能です。
たとえば、申込書に記入漏れや記入ミスがあって審査に落とされてしまうというケースが現実的にかなり多いです。
この場合ですと、本人が少し気をつけるだけで避けることができる問題ですから、申込書を書く際には丁寧に書くことを心がけることが大切になってきます。
しかし、申込書がきちんと書かれていたとしても、審査に通らない場合というのももちろんあります。
カード会社によって、細かな基準に違いはあるのでしょうが、年収や勤続年数がチェックされる場合が多いようです。
ノーマルタイプのクレジットカードであれば、年収額よりも、安定的な収入を得ていること自体が重視されますので、勤続年数が長い方が有利です。
勤続年数が半年にも満たないような場合であれば、審査に通る可能性はまずないと言うことができます。