住宅ローン審査で年収の基準は?

住宅ローンに関しては多くの人が様々な内容を伝えています。
しかし、この部分に関してはあまり関係性のないことのほうが圧倒的に多いことが言えます。
その中において、ローンに関してはどの部分で審査を見ているのかが気になる部分でもあります。
しかし、ローンに関してはそうですが、住宅に関するローンはこの部分以外においても、年収が大きく判断されます。
審査において大事になってくるのが前年度の収入になります。
ローンの借入金額に応じて色々と変わってきます。
しかし、平均的に300万円の収入があれば2000万円までの借入ができるようになります。
しかし、注意して欲しいのが返済負担率になります。
この返済負担率をしっかりと考えた上での借入額を考えていかなければいけません。
年収が400万円以下であれば30%まで、400万円以上であれば35%までの返済負担率でよいとされています。
しかし、この金額を支払うことはとてもではないがキツイものがあります。
しっかりと自分の年収を考える必要があります。