住宅ローン繰り上げ返済のメリットとは?

住宅ローンは元金に対して利息がかかる仕組みとなっていますので、繰り上げ返済によってまとまった元金を減らすことができれば総返済額を低減することが可能です。
繰り上げ返済を計画的に行っていけば、何もしないで返済し続ける住宅ローンよりは返済額を少なくすることが可能なのです。
しかし生活していく上ではいざという時のための貯蓄が重要な役割を果たしますので、繰り上げによって一時的に貯蓄を失ってしまうことは避ける必要があります。
ですから生活に支障を来さない程度で無理のない住宅ローンを組むことが重要になってくるのです。
繰り上げ返済には期間短縮型と返済額軽減型の2種類があります。
期間短縮型とは返済額は変更せずに返済期間を短縮していく方法となります。
一方で返済額逓減型とは返済期間を変えずに返済額だけを軽減していくのが特徴です。
どちらにおいても経済的なゆとりを生み出すために行うものですが、期間短縮型の方が利息の負担が少なくなります。